復興状況マップ

宮城県

復興状況

宮城県震災復興計画(H23-32)

・災害に強く安心して暮らせるまちづくり
・県民一人ひとりが復興の主体・総力を結集した復興
・「復旧」にとどまらない抜本的な「再構築」
・現代社会の課題を解決する先進的な地域づくり
・壊滅的な被害からの復興モデルの構築

ボランティア

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

宮城県 ボランティア受け入れ人数推移グラフ

被害状況

気仙沼市のJR大船渡線唐桑駅前に乗り上げた第18共徳丸 2012/2/26撮影 ©2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

震源に最も近く、津波によって海岸地域が甚大な被害。気仙沼、南三陸、女川などリアス式海岸の市や町は壊滅。142の漁港すべてが被災し、12,000隻以上の漁船が流出・破損。約40%の耕地が冠水などの被害。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 2,346,853人
  • 死者 10,496人/行方不明者 1,271人
  • 避難生活者73,796人(仮設住宅 22,095戸/県外からの避難者含む)
  • 全壊 82,992棟/半壊 155,122棟/一部破損 224,158棟
  • がれき推計総量 約1,110.7万トン/処分済み量 約1,110.7万トン(約100%)(3/31現在)

掲載している情報は以下のサイトや出版物を参考にしています:
復興庁ホームページ 岩手・宮城・福島・青森・茨城・千葉・栃木・長野各県および各市町村ホームページ 全国社会福祉協議会/災害ボランティア情報 ネトボラ宮城 防災科学技術研究所/東日本大震災被害情報地図 河北新報 47NEWS 産經新聞出版/闘う日本―東日本大震災1カ月の全記録 成美堂出版/地図で読む東日本大震災 毎日新聞社/サンデー毎日緊急増刊東日本大震 Yahoo!Japan 東北復興新聞

宮城県仙台市宮城野区・若林区

復興状況

仙台市震災復興計画(対象年度H23-27)
・市街地宅地再建
・農地の復旧と6次産業化の促進
・海岸防災林の整備
・地域防災リーダーの育成
・次世代エネルギー研究、エコモデルタウン
・国際会議、コンベンションの誘致

ボランティア

復興支援 "EGAO(笑顔)せんだい"サポートステーション 募集中

個人・団体問わず事前登録制としています。登録用紙を記入してメールまたはFAX、郵便にて送付ください。ボランティアとしての人手の協力や物資の提供、特技をいかした専門ボランティア、イベント等の協力や開催などの提案も含め、登録いただけます。
津波被害のニーズに対応するとともに、買い物支援や環境整備、見守り・防犯支援、イベント支援など生活再建支援に主眼を置いたボランティア相談や要請に対し、活動を行っています。

住所:仙台市青葉区五橋2-12-2 仙台市福祉プラザ4階

連絡先:022-262-7294(電話受付時間9:00~17:00 日曜・祝日除く)

仙台市のNPO等のボランティア募集情報

仙台経済新聞

広域仙台圏のビジネス&カルチャーニュース配信サービス。

復興状況

宮城野区:仙台市北東部で仙台湾に面する。市内最大の震度6強を観測し、沿岸部を中心に壊滅的な被害。東北楽天ゴールデンイーグルスの拠点がある。
若林区:海抜の低い荒浜地区は沿岸から4km内陸まで津波が押し寄せた。逃げ場もなく被害が拡大。農地はほぼ冠水した。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 322,965人
  • 死者 657人/行方不明 28人
  • 県外避難者 2,372人
  • 全壊 30,034棟/半壊 109,609棟/一部破損 116,046棟
  • がれき推計総量 約136.3万トン/処分済み量 約136.3万トン(100.0%)(2/28現在)

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之