復興状況マップ

宮城県

復興状況

宮城県震災復興計画(H23-32)

・災害に強く安心して暮らせるまちづくり
・県民一人ひとりが復興の主体・総力を結集した復興
・「復旧」にとどまらない抜本的な「再構築」
・現代社会の課題を解決する先進的な地域づくり
・壊滅的な被害からの復興モデルの構築

ボランティア

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

宮城県 ボランティア受け入れ人数推移グラフ

被害状況

気仙沼市のJR大船渡線唐桑駅前に乗り上げた第18共徳丸 2012/2/26撮影 ©2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

震源に最も近く、津波によって海岸地域が甚大な被害。気仙沼、南三陸、女川などリアス式海岸の市や町は壊滅。142の漁港すべてが被災し、12,000隻以上の漁船が流出・破損。約40%の耕地が冠水などの被害。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 2,346,853人
  • 死者 10,496人/行方不明者 1,271人
  • 避難生活者73,796人(仮設住宅 22,095戸/県外からの避難者含む)
  • 全壊 82,992棟/半壊 155,122棟/一部破損 224,158棟
  • がれき推計総量 約1,110.7万トン/処分済み量 約1,110.7万トン(約100%)(3/31現在)

掲載している情報は以下のサイトや出版物を参考にしています:
復興庁ホームページ 岩手・宮城・福島・青森・茨城・千葉・栃木・長野各県および各市町村ホームページ 全国社会福祉協議会/災害ボランティア情報 ネトボラ宮城 防災科学技術研究所/東日本大震災被害情報地図 河北新報 47NEWS 産經新聞出版/闘う日本―東日本大震災1カ月の全記録 成美堂出版/地図で読む東日本大震災 毎日新聞社/サンデー毎日緊急増刊東日本大震 Yahoo!Japan 東北復興新聞

宮城県気仙沼市

復興状況

気仙沼市震災復興計画(対象年度H23-32)
・津波死ゼロのまちづくり
・市土基盤、防災体制の整備
・産業再生と雇用創出
・地域コミュニティの充実と市民等との協働の推進

ボランティア

気仙沼市社会福祉協議会ボランティアセンター(復興支援センター ウィズ) 

平成26年3月末日をもち、災害ボランティアの受付・活動調整は終了しました。通常のボランティアセンター業務のなかで、活動や調整に関するご相談はお受けしているので、お問い合わせください。
毎週水曜日をお休みとさせていただいております。
このほか、海岸河川清掃、農業支援、漁業支援、個別支援、イベントについても、随時、募集を行っております。活動を希望される方は、事前に気仙沼復興協会‐KRA‐公認ホームページまでお申し込みください。

住所:気仙沼市東新城二丁目1-2

連絡先:ボランティア活動について:080-5949-7475 イベント活動等について:080-5949-7478
ボランティアのお手伝いを希望する方 :080-5949-7475、0226-22-0722

気仙沼市のNPO等のボランティア募集情報

気仙沼市へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

三陸新報

昭和21年発行。気仙沼市・南三陸町を主体として地域に密着したニュースを報道する新聞です。

現地発、明日へブログ(宮城県気仙沼市)/NHKオンライン

現地の様子を現地の目線で伝えるために、この町の人もブログに参加しています。

気仙沼のほぼ日

ご存じ「ほぼ日」(ほぼ日刊イトイ新聞)初の支社が気仙沼や東北のいまをレポート。

復興状況

津波と石油コンビナートの火災により市街地はほぼ壊滅。併せて産業の中心である沿岸部に大打撃を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 73,154人
  • 死者 1,105人/行方不明 221人
  • 県外避難者 1,727人
  • 全壊 8,483棟/半壊 2,571棟/一部破損 4,754棟
  • がれき推計総量 約35.0万トン/処分済み量 約35.0万トン(100%)(3/31現在)

宮城県南三陸町

復興状況

南三陸町震災復興計画(対象年度H23-32)
・防災と減災のまちづくり
・交通ネットワークの整備
・災害に強い通信手段の確保と地域情報化の促進
・地域コミュニティの再構築

ボランティア

南三陸町ボランティアセンター 募集中

個人新規ボランティアは専用受付用紙に記入のうえ当日持参、団体(10人以上のみ)は活動希望日の1週間以上前に電話でご連絡ください。市内外・県外問わず募集中。
漁業支援、農業支援、地域支援(除草作業等)他です。
受付時間終了前でも、ボランティア受付人数が当日のニーズ派遣予定人数に達してしまった場合、受付を終了しますので、あらかじめご承知おきください。

住所:本吉郡南三陸町志津川沼田56(ベイサイドアリーナ駐車場内)

連絡先:0226-46-4088(8:30~16:00 水曜定休)

南三陸町のNPO等のボランティア募集情報

南三陸町へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

三陸新報

昭和21年発行。気仙沼市・南三陸町を主体として地域に密着したニュースを報道する新聞です。

復興状況

津波が川を逆流し志津川地区は壊滅。町役場が流され職員の多くが死亡、自治体機能が失われた。また、地震による地盤沈下も深刻であり、現場での復旧作業を困難にしている。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 17,378人
  • 死者 600人/行方不明 212人
  • 県外避難者 411人
  • 全壊 3,143棟/半壊 178棟/一部破損 1,204棟
  • がれき推計総量 約6.4万トン/処分済み量 約6.4万トン(100%)(3/31現在)

宮城県石巻市

復興状況

石巻市震災復興基本計画(対象年度H23-32)
・コンパクトなまちづくり
・防波堤、防潮堤、高盛土道路、内水排水施設整備
・災害公営住宅、中心市街地の整備
・水産加工業の再生支援、魚市場の整備
・農家経営支援
・新エネルギーの活用、新たな産業の誘致

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

石巻市のNPO等のボランティア募集情報

石巻市へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

三陸河北新報社/石巻かほく メディア猫の目

猫の島、石巻の田代島の様子をリポートすると共に、地域密着のニュースを届けます。

石巻百景

写真で伝える石巻のふだん。「被災地見学の注意点と、おすすめの見学ルート」も必読です。

石巻経済新聞

広域石巻圏のビジネス&カルチャーニュース配信サービス。タイトルに「復興」を掲げ、2012年4月スタート。

現地発、明日へブログ(宮城県石巻市)/
NHKオンライン

現地の様子を現地の目線で伝えるために、この町の人もブログに参加しています。

復興状況

津波により防潮堤が破壊され市街地はほぼ水没。大川小学校では全校児童の7割が死亡。市内全域でライフラインが停止し、都市としての機能が失われた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 160,394人
  • 死者 3,277人/行方不明 428人
  • 県外避難者 2,190人
  • 全壊 19,976棟/半壊 13,096棟/一部破損 19,948棟
  • がれき推計総量 約118.9万トン/処分済み量 約118.6万トン(100%)(3/31現在)

宮城県女川町

復興状況

女川町復興計画(対象年度H23-30)
・漁港の再整備と水産業の再生
・商工業(女川ブランド)の再生
・山の造成により新たな市街地の整備
・防災道路ネットワークの整備
・自立型エネルギーの整備

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

女川町のNPO等のボランティア募集情報

女川町へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

現地発、明日へブログ(宮城県女川町)/
NHKオンライン

現地の様子を現地の目線で伝えるために、この町の人もブログに参加しています。

復興状況

市街地西部の旭が丘や浦宿等一を除く町内大半地、離半島部の集落が津波により被災、そのほとんどの建物が全半壊被害を受けた。女川原発も高さ13m超の津波に襲われたが自動停止した。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 9,932人
  • 死者 591人/行方不明 259人
  • 県外避難者 322人
  • 全壊 2,924棟/半壊 349棟/一部破損 661棟
  • がれき推計総量 約51.8万トン/処分済み量 約51.8万トン(100%)(3/31現在)

宮城県東松島市

復興状況

東松島市復興まちづくり計画(対象年度H23-32)
・生業の再生と多様な仕事を作るまちづくり
・津波に対する多重防御施設の整備
・災害公営住宅の整備、自立再建支援
・JR仙石線の早期復旧と適正配置
・市民と行政の協働によるコミュニティづくり

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

東松島市のNPO等のボランティア募集情報

東松島市へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

現地発、明日へブログ(宮城県東松島市)/NHKオンライン

現地の様子を現地の目線で伝えるために、この町の人もブログに参加しています。

復興状況

市街地の6割が浸水。航空自衛隊も被災し多くの機体が出動不能に。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 42,840人
  • 死者 1,063人/行方不明 23人
  • 県外避難者 373人
  • 全壊 5,511棟/半壊 5,560棟/一部破損 2,427棟
  • がれき推計総量 約81.1万トン/処分済み量 約81.1トン(100%)(3/31現在)

宮城県松島町

復興状況

松島町震災復興計画(対象年度H23-27)
・宅地等防災機能強化
・ものづくり産業の復興、企業立地の推進
・統合港湾による地域間交流の促進
・防災と観光機能を備えた交通環境の創出
・再生可能エネルギーの導入促進

ボランティア

ニーズがほぼ充足し、募集は休止中です。

復興状況

松島の島々に助けられ、壊滅的な状態にまでは至らず。松島のシンボル・五大堂はほぼ無傷。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 15,014人
  • 死者 2人/行方不明 0人
  • 県外避難者 15人
  • 全壊 221棟/半壊 1,785棟/一部破損 1,561棟
  • がれき推計総量 約6.3万トン/処分済み量 約6.3万トン(100.0%)(2013/3/31現在)

宮城県利府町

復興状況

利府町震災復興計画(対象年度H23-28)
・環境に配慮したまちづくり
・災害に強いライフラインの整備、代替機能の確保
・広域交通ネットワークの確保
・水産業、農業の復旧と再構築

ボランティア

ニーズがほぼ充足し、募集は休止中です。

復興状況

隣接地域に比べ被害は軽微。運転を見合わせた東北新幹線の乗客や町外からの通勤・通学者を避難者として受け入れた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 34,279人
  • 死者 1人/行方不明 0人
  • 県外避難者 30人
  • 全壊 56棟/半壊 901棟/一部破損 3,557棟
  • がれき推計総量 約1.9万トン/処分済み量 約1.9万トン(100%)(2013/1/31現在)

宮城県塩竈市

復興状況

塩釜市震災復興計画(対象年度H23-32)
・災害に強いまちづくりの推進
・情報インフラの強化
・水産業・水産加工業・商工業の再生と復興
・港湾機能の強化促進
・市民生活の確保、産業復興に向けた放射能対策

ボランティア

塩釜市復興支援センター 

ボランティアの一般公募や受付は原則的にセンターからの告知があった時のみ行なっています。

住所:塩釜市北浜4丁目6-52(塩釜市民センター内)

連絡先:022-364-1213(8:30~17:15)

復興状況

古くから天然の良港に恵まれ、漁港や港湾を活用し「みなとまち」として大きく発展してきたが、発展の礎を担ってきた基幹産業である水産業や水産加工業をはじめ、港湾関連産業、商工業、観光業などが大きな被害を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 56,221人
  • 死者 24人/行方不明 0人
  • 県外避難者 80人
  • 全壊 655棟/半壊 3,188棟/一部破損 6,798棟
  • がれき推計総量 約15.1万トン/処分済み量 約15.1トン(100%)(2013/6/30現在)

宮城県七ヶ浜町

復興状況

七ヶ浜町震災復興計画(対象年度H23-31)
・都市基盤整備の実施
・防潮堤・堤防の嵩上げ、防災林の設置
・エコスクールとしての中学校の整備
・漁港の復旧
・地域コミュニティの再生と展開

ボランティア

七ヶ浜町ボランティアセンター 募集中

個人・団体問わず「電話での事前登録制」としています。活動可能日を、ホームページにて確認いただき、お電話にてお申し出ください。仮設住宅集会所、地域分館等でのサロン活動、足湯、PC入力、海岸清掃などのボランティアを募集しています。

住所:宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5-9(生涯学習センター内 老人福祉センター浜風いろりの家)

連絡先:090-6853-4490(電話受付時間10:00~16:00 土・日曜定休)

七ヶ浜町のNPO等のボランティア募集情報

復興状況

南は太平洋に面し、北と東は松島湾と三方を海に囲まれ、松島湾の南西に突き出した半島状の形態をなしており、10m以上の津波により沿岸全域で壊滅的被害。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 20,353人
  • 死者 76人/行方不明 2人
  • 県外避難者 59人
  • 全壊 674棟/半壊 649棟/一部破損 2,601棟
  • がれき推計総量 約8.9万トン/処分済み量 約8.9万トン(100%)(3/31現在)

宮城県多賀城市

復興状況

多賀城市震災復興計画(対象年度H23-32)
・市内全域の水害対策
・農業の6次産業化促進
・工場地帯のインフラの充実化
・地震・津波ミュージアム構想
・エネルギー循環型都市に向けた環境整備

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

復興状況

町前・桜木・八幡地区を中心に市の3分の1が浸水。石油ガス施設の火災も発生。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 62,990人
  • 死者 188人/行方不明 0人
  • 県外避難者 317人
  • 全壊1,746棟/半壊3,730棟/一部破損6,114棟
  • がれき推計総量 約19.7万トン/処分済み量 約19.7万トン(100%)(2013/6/30現在)

宮城県富谷町

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

復興状況

宮城県のほぼ中央に位置する黒川郡の、南部丘陵地帯を占めている。建物の倒壊はないが、一部損傷住宅は多数。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 47,501人
  • 死者 0人/行方不明 0人
  • 県外避難者 51人
  • 全壊 16棟/半壊 537棟/一部破損 5,305棟

宮城県仙台市宮城野区・若林区

復興状況

仙台市震災復興計画(対象年度H23-27)
・市街地宅地再建
・農地の復旧と6次産業化の促進
・海岸防災林の整備
・地域防災リーダーの育成
・次世代エネルギー研究、エコモデルタウン
・国際会議、コンベンションの誘致

ボランティア

復興支援 "EGAO(笑顔)せんだい"サポートステーション 募集中

個人・団体問わず事前登録制としています。登録用紙を記入してメールまたはFAX、郵便にて送付ください。ボランティアとしての人手の協力や物資の提供、特技をいかした専門ボランティア、イベント等の協力や開催などの提案も含め、登録いただけます。
津波被害のニーズに対応するとともに、買い物支援や環境整備、見守り・防犯支援、イベント支援など生活再建支援に主眼を置いたボランティア相談や要請に対し、活動を行っています。

住所:仙台市青葉区五橋2-12-2 仙台市福祉プラザ4階

連絡先:022-262-7294(電話受付時間9:00~17:00 日曜・祝日除く)

仙台市のNPO等のボランティア募集情報

仙台経済新聞

広域仙台圏のビジネス&カルチャーニュース配信サービス。

復興状況

宮城野区:仙台市北東部で仙台湾に面する。市内最大の震度6強を観測し、沿岸部を中心に壊滅的な被害。東北楽天ゴールデンイーグルスの拠点がある。
若林区:海抜の低い荒浜地区は沿岸から4km内陸まで津波が押し寄せた。逃げ場もなく被害が拡大。農地はほぼ冠水した。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 322,965人
  • 死者 657人/行方不明 28人
  • 県外避難者 2,372人
  • 全壊 30,034棟/半壊 109,609棟/一部破損 116,046棟
  • がれき推計総量 約136.3万トン/処分済み量 約136.3万トン(100.0%)(2/28現在)

宮城県名取市

復興状況

名取市震災復興計画(対象年度H23-29)
・堤防の強化や津波防災機能を備えた道路による多重防御
・自然地形の活用や盛土による安全の確保
・防災システムの強化と防災教育の充実
・閖上漁港と水産加工業、農業の再生
・仙台空港、貞山運河周辺の交流拠点形成

ボランティア

なとり復興支援センターひより 募集中

仮設住宅等に入居する方々の生活支援等を行っています。ボランティアは事前登録制となっています。必ず事前にお電話ください。
「おでって登録システム」を始めました。「おでって」とは地元の方言で「お手伝いする」ことを言います。詳しくはこちらから。

住所:名取市増田字柳田80番地(名取市役所 西棟2階)

連絡先:022-383-3185(9:00~16:00)

名取市のNPO等のボランティア募集情報

名取市へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

現地発、明日へブログ(宮城県名取市)/
NHKオンライン

現地の様子を現地の目線で伝えるために、この町の人もブログに参加しています。

復興状況

仙台市の南東に位置し、東北最大級を誇る史跡雷神山古墳に象徴されるように古来より、肥沃な土地、気候、風土に恵まれている。長い間、大きな津波被害がなかったが、海岸の閖上地区を中心に津波で大きな被害を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 73,603人
  • 死者 911人/行方不明 39人
  • 県外避難者 200人
  • 全壊 2,801棟/半壊 1,129棟/一部破損 10,061棟
  • がれき推計総量 約19.3万トン/処分済み量 約19.3万トン(100%)(2012/12/31現在)

宮城県岩沼市

復興状況

岩沼市震災復興計画(対象年度H23-29)
・海岸防潮堤の整備
・貞山堀の総合的浸水対策
・市道の嵩上げ、盛土による整備
・エコ・コンパクトシティの形成
・内水の排水対策

ボランティア

岩沼復興支援センター スマイル 

災害ボランティアセンターは設置されていません

岩沼市のNPO等のボランティア募集情報

復興状況

津波が阿武隈川を逆流し、東部地区・玉浦地区を中心に甚大な被害を受けた。東部地区の広範な地域で地盤沈下が生じたことから排水機能 に大きな問題が生じ、大雨等による浸水リスクが高まっている。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 44,160人
  • 死者 180人/行方不明 1人
  • 県外避難者 103人
  • 全壊 736棟/半壊 1,606棟/一部破損 3,086棟
  • がれき推計総量 約0.4万トン/処分済み量 約0.4万トン(100%)(2012/8/31現在)

宮城県亘理町

復興状況

亘理町震災復興計画(対象年度H23-32)
・防潮堤、防潮林、人口丘の整備
・防災集団移転促進事業、災害公営住宅の整備
・中央工業団地等への企業・工場誘致
・(仮)亘理パーキングエリアの整備促進とスマートICの設置
・再生可能エネルギーによるエコタウンの推進

ボランティア

亘理ささえあいセンター ほっと 募集中

登録制度を終了し、ボランティア募集は随時ブログにて行っています。ボランティア活動をご希望の方はブログを確認していただき、亘理町社会福祉協議会 亘理ささえあいセンター「ほっと」までご連絡ください!

毎月、広報の折り込み・配布のボランティアを募集しております。活動をご希望する方はHPをご確認の上、是非一度ご連絡ください。

住所:宮城県亘理郡亘理町字旧舘60-7

連絡先:TEL:0223-36-7559(平日9:00~16:00)
Fax:0223-34-7552(随時※対応は平日になります)

復興状況

江戸時代には海上交通の要衝として栄え、現在は活気ある港まちとして発展。東北一の産地を形成するいちご団地がある。4km内陸まで津波が押し寄せ、町の半分が冠水。荒浜地区・吉田東部地区を中心に大きな被害。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 34,795人
  • 死者 265人/行方不明 5人
  • 県外避難者 175人
  • 全壊 2,389棟/半壊 1,150棟/一部破損 2,048棟
  • がれき推計総量 約1.7万トン/処分済み量 約1.7万トン(100%) (2013/11/30現在)

宮城県山元町

復興状況

山元町震災復興計画(対象年度H23-30)
・交流拠点施設を兼ね備えた防災緑地ゾーンの整備
・中央の平野部にいちご畑などの第1次産業用地ゾーンを形成
・丘陵地移転、職住分離を促す
・新JR常磐線と国道6号を軸とした市街地の形成
・産業用地ゾーンへの企業誘致と新たな雇用の場の確保

ボランティア

やまもと復興応援センター ボランティア班 募集中

事前登録制。電話のみの受付となっております。お電話で「参加希望日,人数,名前,連絡先」をご連絡ください。
ボランティア班の活動内容は引越作業等です。活動は土曜日、少人数のみ受付。ニーズがある時のみ活動します。畑のガレキ撤去等の支援はボランティア班HPを参考に町内各団体へ直接お申込み下さい。
仮設住宅集会所でのイベントやいろいろとお手伝いし、応援したいという個人様・団体様は生活支援班へご連絡ください。

☆町内草刈作業に関わる資機材が不足しています。ご寄付・ご支援いただける団体、個人様がいらっしゃいましたら、やまもと復興応援センターまでご連絡をお願いします。

住所:亘理郡山元町浅生原字作田山32(山元町社会福祉協議会)

連絡先:0223-35-6223(9:00~17:00)

山元町のNPO等のボランティア募集情報

山元町へ行くボラツアー

※「行き先」で「宮城県」を選択してご覧ください

復興状況

沿岸部の家屋はほぼ流出し、町の約半分が浸水。水田、いちご畑、漁港などの産業基盤も壊滅的な被害を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 16,608人
  • 死者 680人/行方不明 18人
  • 県外避難者 238人
  • 全壊 2,217棟/半壊 1,085棟/一部破損 1,138棟

宮城県大崎市

復興状況

大崎市震災復興計画(対象年度H23-29)
・連携と交流における新たな大崎の創生
・防災拠点の整備および住宅等の安全性の強化
・防災行政無線等の整備
・新市民病院の建設
・地域ブランドの創出
・おくの細道魅力化事業

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

復興状況

宮城県の北西部に位置し、奥羽山脈から江合川と鳴瀬川の豊かな流れによって形成された、広大で肥沃な平野「大崎耕土」を有する。内陸部における地震被害は最大規模。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 134,950人
  • 死者 2人/行方不明 0人
  • 県外避難者 82人
  • 全壊 596棟/半壊 2,434棟/一部破損 9,138棟

宮城県角田市

復興状況

角田市震災復旧・復興基本計画(対象年度H23-27)
・市民とともに築く安全・安心なまちづくり
・阿武隈急行緊急保全整備補助事業
・公営住宅改修事業
・沿岸自治体の農業の「肩代わり生産」の対応検討
・角田ブランド構築推進事業
・定住促進、角田・いらっしゃいプラン事業

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

復興状況

市内での死者はなかったが、住家の全壊・半壊、一部損壊を被るとともに、市の公共施設や道路、河川などの社会インフラに被害を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 31,188人
  • 死者 0人/行方不明者 0人
  • 県外避難者 20人
  • 全壊 13棟/半壊 158棟/一部損破損 1,031棟

宮城県白石市

復興状況

白石市東日本大震災復興計画(対象年度H23-29)
・住まいの確保・再建のための支援
・震災復興イベント等の開催
・生業・地域産業の再生・復興
・白石インター工業団地への企業誘致推進
・防災地域見守りネットワーク事業

ボランティア

災害ボランティアセンターは設置されていません

復興状況

道路や多数の公共施設が被災したのをはじめ、多数の家屋が損壊し、商工業・農林業・観光産業等においても直接的・間接的に甚大な被害や損害を受けた。

  • (参考)2011.3.1時点の人口 37,273人
  • 死者 0人/行方不明者 0人
  • 県外避難者 38人
  • 全壊 40棟/半壊 566棟/一部破損 2,171棟

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之