東日本大震災復興支援情報サイト 助けあいジャパン

NPOを応援

共感するプロジェクトを見つけて、復興に関わってみませんか?
NPOや団体が支援を継続していくためには、活動資金が必要です。
活動に直接参加することはもちろん、寄付を通しても、復興に参加できます。

寄附金は、税制上の優遇措置(寄附金控除等)の対象になります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

ふんばろう東日本支援プロジェクト

復興支援を目的として1,800人以上の市民が無償で集まり、支援を行っている、新たな支援モデル。 活動全体、または個々のプロジェクトや支部を支援することができる。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

ふるさとの未来を担う子どもたちの声が反映された復興に寄与することを目指し、「子どもの保護」「教育」「子どもにやさしい地域づくり」の3つの分野を中心に活動している。

東日本大震災復興支援財団/みんなでがんばろう 日本

被災地および被災者が一日も早く日常の生活を取り戻すことをサポートするための助成を行う。一時転居サポート、生活相談、子どもの学習・受験支援などを行っている。
Facebookページはこちら

日本ユニセフ協会

「あらゆる自然災害で、もっとも困難な状況におかれてしまうのは子どもたち」というユニセフの緊急時対応指針に則り、 被災した子どもたちへの緊急・復興支援活動を続けている。教育支援、お母さんと赤ちゃんの保健・栄養支援、子どもの保護支援、被災地の行政サービス機能の回復支援などを行っている。

アースウォーカーズ

ガレキやヘドロの除去、仮設住宅支援、放射能の除染や子どもたちのキャンプなど多岐にわたり活動。被災地支援をして行きたいという学生や市民のエネルギーを、現地へ結びつけて行く。

未来児支援「絆」プロジェクト2030

専門家による心のケア、イベント開催、文通等1対1のコミュニケーション、教育関連の物資支援などの活動を通じて、こどもたちの支援を行っている。被災地や避難所にボランティア保育者による託児ルーム設置もサポート。

Arts for Hope

震災で心に大きな負担を抱えた子どもたちを対象に、アートやものづくりを通した心穏やかな時間と温かなコミュニケーションスペースを届け、少しでも早い心の回復をサポートすることを目的に活動している。

みんなのとしょかん

被災地に図書館を設置していくプロジェクト。本を送るだけでなく、本棚や管理するための備品、図書館を自主的に管理するための地域チームづくりもサポートし、自立したコミュニティの中心としての図書館の構築を目指している。

NICE(日本国際ワークキャンプセンター)

地球社会づくりのために、ワークキャンプ等、短期長期の国内海外ボランティア活動を行う国際NGOです。短期・中長期のワークキャンプを行い、森・田畑・まちの再生、子ども達のサポートなどに取り組んでいます。

ジェスペール

1,000円からの寄付で被災地のママと赤ちゃんに笑顔を!岩手、宮城、福島および避難先である新潟在住の妊産婦を支援する「東北こそだてプロジェクト」を実施している一般社団法人。寄付の形もマンスリーサポートや目的別サポートなど多岐にわたっている。

オペレーション・ブレッシング・ジャパン

国際NGOの日本での活動を担い、東北の復興に力を入れている。福島に移動用バスを贈り子どもたちに遊ぶ自由を届けるプロジェクト、漁業再生、心のケアなど、様々な活動を展開中。

コラボスクール

東日本大震災で被災した子どもたちのための、放課後の学校です。 狭い仮設住宅で暮らすなど、落ち着いて学ぶ場所を失った子どもたちに、学習指導と心のケアを行い、東北の復興を担う未来のリーダーを育てることを目標としています。

TRSO 東北復興支援機構

東北芸術工科大学が設立した復興プロジェクトセンター。被災したコミュニティーへの〈教育リソース〉提供を軸に、アーティストによる復興プロジェクトのマネジメント、学生・市民によるボランティア活動、企業やNGOと連携した教育振興事業等、〈新しい社会、新しい東北〉を創造するプロジェクトルームとして活動中。

Classic for Japan Foundation/Tsunami Violin Project

津波の流木からつくった「TSUNAMI VIOLIN」を世界中の演奏家たちが追悼の思いと復興の願いを込めて弾き継いでいく「千の音色でつなぐ絆プロジェクト」の他、被災地の子供たちが音楽を楽しむための「TSUNAMI VIOLIN基金」の開設等、クラシック音楽にできる被災地支援活動を行っている財団法人。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之