東日本大震災復興支援情報サイト 助けあいジャパン

NPOを応援

共感するプロジェクトを見つけて、復興に関わってみませんか?
NPOや団体が支援を継続していくためには、活動資金が必要です。
活動に直接参加することはもちろん、寄付を通しても、復興に参加できます。

寄附金は、税制上の優遇措置(寄附金控除等)の対象になります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

さくら並木プロジェクト

津波の最高到達地点に桜を植樹し、記憶に残る桜並木を造成するプロジェクト。将来予測される大津波の際の住民避難の目標となって、周辺住民の命を守る役割を果たしてくれるでしょう。個人・法人からの寄付・基金という形で参加できます。基金は個人2,000円から。

ふんばろう東日本支援プロジェクト

復興支援を目的として1,800人以上の市民が無償で集まり、支援を行っている、新たな支援モデル。 活動全体、または個々のプロジェクトや支部を支援することができる。

日本ユニセフ協会

「あらゆる自然災害で、もっとも困難な状況におかれてしまうのは子どもたち」というユニセフの緊急時対応指針に則り、 被災した子どもたちへの緊急・復興支援活動を続けている。教育支援、お母さんと赤ちゃんの保健・栄養支援、子どもの保護支援、被災地の行政サービス機能の回復支援などを行っている。

ジョイセフ/東北地方太平洋沖地震 被災地の女性・妊産婦支援

被災地の妊産婦と女性を、地元で活動している助産師、産婦人科医師等の協力を得て支援する。

女子教育奨励会/結結プロジェクト

被災地における被災者の復興支援のコミュニティーを拡大する活動、被災地の農業水産業支援プロジェクト、被災地の女性たちのビジネス創出などの活動資金を募集。

共生地域創造財団

ホームレス支援全国ネットワーク、グリーンコープ共同体、生活クラブ連合会が設立。仮設居住者のパーソナルサポートや漁業や産業復興のための作業まで、さまざまな活動を行っている。 現地の方と共に働き共に歩む“伴走型支援”の実施をコンセプトに支援活動を展開。

ヒューマンライツ・ナウ

被災者・周辺住民の権利保護のための活動。岩手県、宮城県、福島県での被災者法律相談を継続的に行っている他、各種要請書・調査報告書の発表、情報資料の翻訳・提供などの活動をしている。

アースウォーカーズ

ガレキやヘドロの除去、仮設住宅支援、放射能の除染や子どもたちのキャンプなど多岐にわたり活動。被災地支援をして行きたいという学生や市民のエネルギーを、現地へ結びつけて行く。

さわやか福祉財団/東日本大震災救援募金

被災者を支援する現金または物品、また現地の団体が被災者の生活支援や子どもの預かりなどを行うための支援金を送ります。

JDF (日本障害フォーラム)

被災地における障がい者支援活動のほか、ウェブサイト上で障がい者に役立つ情報の発信を行っている。

BHNテレコム支援協議会

情報通信を活用した震災復興活動の支援。インターネットの設置支援や遠隔医療・健康相談支援、災害FM/IT放送支援、健康相談や除染支援などの原発被災者支援等を行っている。

難民を助ける会/東日本大震災復興支援

支援の手が届きにくい障害のある方々、高齢者、在宅避難者などを重点的に支援。物資の配付をはじめ、福祉施設の修繕や車両の提供などを行っている。

Arts for Hope

震災で心に大きな負担を抱えた子どもたちを対象に、アートやものづくりを通した心穏やかな時間と温かなコミュニケーションスペースを届け、少しでも早い心の回復をサポートすることを目的に活動している。

ワカツク/東北1000プロジェクト

復興支援活動をみんなで応援するポータルサイト。今、どんなプロジェクトが動いているかを知り、応援したいプロジェクトを「応援ボタン」で応援する。

元気魂JAPAN

被災地の動物救護、仮設住宅でのお茶会を開催している団体。お茶会で提供するお菓子、動物への給餌のための犬猫用フードを募集しています。
Facebookページはこちら

ぎふ・西濃 新しい縁づくり

被災者に岐阜・西濃地域の空き家に一時的な移住を促す公共ネットワーク。就労や職業訓練も支援し、被災者の自立・自活に協力します。

瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

東日本大震災で被災した沿岸部に、震災で発生した瓦礫と土を混ぜて盛土を築き、その上に常緑広葉樹を植樹することで、10年かけて「いのちを守る森の防波堤」を築いていくことを目指している。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

代表理事 石川淳哉・佐藤尚之