東日本大震災復興支援情報サイト 助けあいジャパン

投資・寄付で応援

東日本大震災義援金は受付期間を再延長し、平成28年3月31日まで受付中。
ふるさと納税、教育の基金、オーナー制度や応援ファンド、クラウドファンディング...
様々な寄付や投資というかたちで、あなたも復興に参加してください。

寄附金は、税制上の優遇措置(寄附金控除等)の対象になります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

日本ユネスコ協会連盟/ユネスコ協会就学支援奨学金

東日本大震災により、著しく家庭の経済状況が悪化したために就学困難になった被災地の小学校・中学校に在籍する児童・生徒が対象。奨学金は月2万円として、3年間にわたり支援を行うための資金を募集。

あしなが育英会/東日本大震災・津波遺児支援

東日本大地震・津波で保護者が死亡・行方不明または著しい重度後遺障害を負った子どもを対象にした、特別一時金(給付)、奨学金(貸与)による経済的支援、心のケアプログラム開催費の寄付と、遺児の心のケアとファシリテーターの養成を目的とする「あしなが東北レインボーハウス」への寄付を募っています。

ハタチ基金

被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を提供する基金です。東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんがハタチを迎えるまでのサポートを継続的に行うことを目的としています。

みちのく未来基金

震災遺児の進学支援のための奨学基金。志望進学先によって必要額を支援する方式。寄付金全てを生徒の学費に充当。企業のほか個人の寄付も受け付けます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

代表理事 石川淳哉・佐藤尚之