ボランティアする人に読んでほしいこと (連携室から)

内閣官房ボランティア連携室より、現在のボランティアのニーズや被災地に行く心構えなどを伝えます。

この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ(湯浅室長より)

3月25日(金)

東北地方太平洋沖地震から2週間が経ちました。
すでにお知らせしているように、東北自動車の車両規制が全面解除され、一般車両でも緊急通行車両標章なしで高速道路通行ができるようになりました。この週末に被災現地に赴いて、ボランティア活動に参加しようというご希望の方もおられるのではないかと思います。
この文章は、そうした方にお読みいただければと思って、書いています。
豊かな活動経験のある方にとっては初歩的なことばかりですので、「今回が初めて」という方にお読みいただければと思っています。

【1】基本的な心構え
まず、災害時にボランティア活動する上でのそもそもの心構えがあります。全国社会福祉協議会がまとめていますので、それをお読みいただければと思います(「災害時のボランティア活動について」)。

【2】個人でも受け付けてくれるところを探しましょう
あなたがすでに被災地で活動しているボランティア団体に属していない場合、現地でのあなたの活動をコーディネートしてくれる人・団体が必要になりますが、それは見つかっているでしょうか? 被災地では、あなた自身がサポート(食事・宿泊場所の手配等々)の必要な立場になります。身一つで現地に入っても「どうにかなる」とは限りません。ただでさえ大変な状況下にある被災地の方にご迷惑をかけてしまっては、あなたも本望ではないと思います。安心して活動できるように、個人にも対応してくれるところを見つけてください。

【3】被災地で市外・県外のボランティアを受け付けているところは少ない
3月24日現在、市外・県外在住のボランティアを受け付けているところは、残念ながら多くはありません。詳しくは、被災地の災害ボランティアセンターの受付状況をご確認ください(「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」)。 市外・県外のボランティアを受け付けられない背景にはいろんな理由があると思いますが、ガソリンが依然として不足している、一人ひとりのボランティア希望者を十分にコーディネートできるマンパワーがない、市内・県内在住のボランティアで足りている、などが考えられると思います。

【4】市外・県外ボランティアを受け付けている団体
そんな中、一般ボランティアを受け付けている団体は、以下の団体です。この他にもあると思いますが、私たちも現在情報収集中です。ご希望の方は、それぞれの団体に直接連絡を取った上で、団体の指示にしたがって行動していただければと思います。

団体名 HPでの
募集状況
内容 集合場所 主な条件 問い合わせ先
(特非)ADRA Japan 募集中 ADRAの行う避難所での様々なコーディネーションおよび夜勤 東京(原宿) ・1週間単位での参加(第1週は11日間)
・寝袋等の持参
ピースボート 募集中 被災地での救援ボランティア ・1週間以上の参加
・寝袋等の持参
・ピースボートセンターとうきょうで開催される説明会への事前参加
03-3363-7967
東京での短期ボランティア ・1日から参加可能
・ピースボートセンターとうきょうで開催される説明会への事前参加
(特非)栄村ネットワーク 事前登録募集中 長野県栄村において家の片付け等 aokura@
sakaemura.net
(特非)雪の都GO雪共和国 事前登録募集中 長野県栄村において家の片付け等 npogosetsu@
aroma.ocn.ne.jp
(財)石川県県民ボランティアセンター 事前登録募集中 県内在住または県内にお勤めの方 076-225-1365
(財)国境なき医師団日本 事前登録募集中 英語で緊急援助チームとコミュニケーションが可能な方 recruit@
tokyo.msf.org
東京都 募集中 義援物資の仕分け作業等のボランティア募集 東京都救援物資受付窓口(東京都庁第二本庁舎1階) 定員(約100名)に達した場合は受付時間内であってもお断りする場合があります。
軍手/マスク/お茶等を持参
03-5320-4192
(福)世田谷ボランティア協会 事前登録募集中 ・世田谷在住/在勤/在学の方
・専門ボランティア(医療/介護/保育/語学/建築等)
03-5712-5101
神奈川県 募集中 ホームステイボランティア ・責任を持ってお子さんを受け入れ、安定した学校生活と家庭生活を提供できること
・1学期以上、できれば1年間程度の期間、受入れが可能なこと 等
045-312-1121
内線2820
(宗)カトリック中央協議会カリタスジャパン 募集中 090-1217-3233
080-6003-8647
(特非)パレスチナ子供のキャンペーン 募集中 ドライバー 運転に慣れている方(ワゴン車)
トラック運転も可能であればなお良
tohoku@
ccp-ngo.jp
(社)アジア協会アジア友の会 募集中 街頭募金活動等 06-6444-0587
東日本大震災バックアップセンター・長岡災害支援ボランティアセンター 募集中 ・物資ボランティア
・避難所支援ボランティア
新潟県長岡市 物資仕分け:
0258-32-9997
避難所支援:
0258-32-9992
新しい公共をつくる市民キャビネット 募集中 支援物資の輸送等 浦和・大久保合同庁舎(埼玉NPOハウス) 寝袋等の持参
(特非)アレルギ”支援ネットワーク名古屋事務局 募集中 災害対応事務局 愛知県名古屋市 052-485-5208
仙台教区サポートセンター 募集中 地域住民の要請に応える活動等 寝袋等の持参 090-1217-3233
080-6003-8647
埼玉県ボランティア・市民活動センター 募集中 さいたまスーパーアリーナでのボランティア 埼玉県
(福)富山県社会福祉協議会・県ボランティアセンター 事前登録募集中
サイエントロジー災害救援ボランティア 募集中 disasterresponse@
volunteerministers.org
vmtogo1@
yahoo.co.jp

平成23年3月24日時点 ※各団体のHPを元に作成
平成23年6月14日:リンクを削除しました。
詳細については各団体のwebサイトよりご確認ください。

【5】活動の現場は被災地のみではありません
テレビ報道では被災地の甚大な被害が繰り返し映されるので、「何かできないか」と考えたときには真っ先に現地に赴くことを考えられると思いますが、今回は被害が甚大であるがゆえに、すでに他県に避難されている方たちが多数おられます。その意味では、被災地に行かなくても、あなたがお住まいの自治体に支援を必要とされる方たちがおられるかもしれません。また、被災地に送る物資の発送前の仕分けボランティアを募集しているところもあるようです。
地元でできることは何なのか、お住まいの自治体のボランティアセンターに聞いてみるのもいいのではないかと思います。
○都道府県・指定都市社会福祉協議会一覧(市町村の社会福祉協議会が運営するボランティアセンター・ホームページに移れます)
○NPO支援センター一覧

 

 

内閣官房震災ボランティア連携室
室長 湯浅 誠

 

一覧へ戻る

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

代表理事 石川淳哉・佐藤尚之