東日本大震災復興支援情報サイト 助けあいジャパン

買って応援

産地直送の新鮮な野菜や海の幸は、ほんとうにおいしい。
加工食品や発酵食品、保存食などの名作多数。
伝統の技や、新しいものづくりの成果もいろいろ。
ほんとうにいいものを買うことが支援になるから、とてもいい。

買って応援大使

#030犬竹浩晴

太陽企画株式会社 代表取締役副社長/プロデューサー

ねっぱり昆布
三陸松久/さんりくフーズ

まさにねっぱり

吉祥寺の東北物産展にて発見、そのネーミングに惹かれ購入しました。 期待通りのねっぱり具合! 水に浸してちょこっと揉めばあっという間にねっぱり~。ネットのおススメにありましたが半日ほどめんつゆに浸してお… 続きを読む

復興デパートメント

産地直送品、伝統工芸品など、復興を目指す人たちによるさまざまなモノが集まる総合百貨店です。2階石巻、3階南相馬、4階会津…東北発の本当に美味しいもの・良いものを、現地の熱い想いを添えて紹介しています。facebookページはこちら

セキュリテ/買って応援「セキュリテセット」

セキュリテ被災地応援ファンドの対象事業者を、「出資」ではなく「購入」を通じて応援できます。商品や作り手の紹介も充実。

東北食べる通信

食べ物の今をアタマと舌で考える史上初の「食べる情報誌」。2,580円/月で東北の生産者にクローズアップした特集記事と彼らの自慢の一品がセットで届きます。作る人と食べる人のココロをつなぎ食の常識を変えていく新しい情報誌!

BASE/東北復興春市場

地元に雇用を、地元を変えたい、地元の伝統を守りたい、そのような希望のアイテムを集めて社会とつないでいくネットショップを誰でも作れるサービスサイトです。受け継がれた袋物、食べ物、etc、思い思いの希望が育ちます。

Amazon.co.jp/たすけあおうNippon 東日本を応援

「食べて・飲んで・使って」では地震や津波で特に大きな被害のあった地域(宮城・福島・青森・岩手・茨城・千葉)に所在するメーカー・出品者の商品を特集。「ほしい物リスト」は各被災地からの要請をまとめ、必要とされているものをすぐに購入、発送できるマッチングサイトです。

Oisix/応援おいしい日本

東日本の食関連企業や生産者の復興・支援のため設立された「東の食の会」を通じて、東北の産品を販売します。Oisixは農薬や添加物、放射性物質などに独自の管理基準を持ち、安心安全とおいしさにこだわっています。

Oisix/EAT and SEND

「募金つき商品」の販売によって、復興を継続的に支援していくプロジェクト。パンやパスタなど、日々の食卓にのるもので被災地を支援できる。商品ごとに募金額が表示されている。

楽天市場/ニッポンを元気に!東北の「食」を応援しよう

ニッポンを元気にしよう!プロジェクト「まち楽」が、東北地方を応援。伝統工芸品や地酒、珍味からご当地ブランドの逸品まで、様々な名産品を紹介しています。

楽天市場/ニッポンを元気にしよう!東北ふるさと物産展

ニッポンを元気にしよう!プロジェクト「まち楽」が、東北地方を応援。郷土料理や地酒、珍味からご当地ブランドの逸品まで、様々な名産品を紹介しています。

復興市場

被災地が求める支援物資を、被災地のお店から購入して届ける通販サイト。必要な物資が被災者の元に届くだけでなく、購入したお金が地元の経済を潤します。支援が暮らしの再建と町の復興の両方へ同時に活かされる仕組みです。

フェリシモ/kraso(クラソ) とうほく帖

東北軒業や生産者を応援する商品が集まったサイト。「東北ときめき雑貨」や「東北うまいもの」を継続して購入することが支援になります。復興寄付付き商品も。

クラスタイル/東北の日本酒再発見

リカーショップの「クラスタイル」がオススメする東北の7つの酒蔵は、山形「東光」、岩手「南部美人」&「七福神」、宮城「一の蔵」&「浦霞」、福島「大七」&「奥の松」。各酒蔵の紹介、銘柄への解説は読んでいるだけで飲んでみたくなります。厳選されたうまい日本酒を買って飲んで応援!

パワクロ Power of Closet

「服の力で被災地を支える」を合い言葉に、有名人のユーズドアイテムを販売しているサイト。人気アーティストやモデル、スタイリストなどファッションに敏感な人々から出品された洋服や小物、アクセサリーが格安で購入できる。収益金は被災地雇用の確保や被災企業の支援等に充てられる。

ふんばろう商店

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」地元メンバーが独断で選んだ東北おすすめ品など、ふんばろう商店ならではのお買い物を楽しんでいただける通販サイト。また、このページを経由してamazon.co.jpの商品を購入すると価格の3%-10%がプロジェクトの収益となります。

東経連ビジネスセンター/復興支援リンク 買おう!東北

東北地域の地域産品等を集めたWEBショップのポータル・リンク・サイト。県別、カテゴリー別に東北の地域産品の直販サイトが探せます。サイトに掲載希望の事業者も募集中です。

復興支援ネットショップ「つながる東北」

すべての商品に出品者紹介つき。現地の商店を訪ねるような「顔が見える」買い物ができます。購入代金は全額出品者に還元しています。

ぐるなび食市場/東北応援!東北グルメを買って応援しよう!特集

人気の東北グルメ満載。魚介、お肉(ハム)、お米、フルーツ、野菜、スイーツなど何でもあり、なかでも見逃せないのが左党好みの日本酒。「會州一」をはじめ充実のラインナップです。

バイメイドイン東北

被災地で今もがんばっている企業、商店を紹介し、日本全国の人たちが「どうせ買うなら東北の良いものを」という気持ちから商品を注文することで、経済的な支援になってほしいという想いのもと、日本青年会議所が運営。農産物、海産物からスイーツや工芸品まで。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之